Home > ブログ | 木彫材料について <クス> > 木彫材料について

木彫材料について

木材は他の素材と異なり木目、色、硬さ、質量など種別により個性があります。また同じ木材でも育つ環境によって変化します。故に同じものが一つと無いところが木の魅力にもなっています。木彫作品を作る時にどの木材でどのように木取りするかが最初の鍵になります。主に木彫に使用する木材を紹介します。

楠(クス)

  常緑広葉樹   産地 九州など

楠材は刃通りがよく、適度な硬さで木目も邪魔せず彫刻材として最良と言えます。楠は昔から樟脳として使われ、芳香性があり、腐りにくい性質があります。粘りもあるので欠けにくく、彫刻欄間など細かい仕事に向いています。その反面、水分が抜けにくく、上手く乾燥させないと反ったり割れる恐れがあります。

欅材<ケヤキ>  桜材<サクラ>  檜材<ヒノキ>

欄間(クス)

干支 酉(クス)

Home > ブログ | 木彫材料について <クス> > 木彫材料について

ブログカテゴリー

Return to page top