Home > Tags > 欄間、

欄間、

欄間の制作工程

欄間の制作工程

①図案を描く

欄間の場合は裏側からも見られるように、手前になる部分と奥になる部分のバランスを考えて

描きます。例えば梅ならば、手前、中間、奥になる枝を意識して枝ぶりを考えてえがきます。

②糸鋸作業

図案をカーボン紙で木に写し、余計な部分を糸鋸で取り除きます。

③表側の荒彫り

荒彫り用のノミで彫っていきます。彫刻の善し悪しは荒彫りで決まるほど大事な作業です。

④裏側の荒彫り

裏側を彫る時は馬(台)に載せます。裏側には図案が描いていないので、鏡を下に置き、表の

彫りを見て上げ下げが逆になるよう考えながら描き、彫っていきます。

⑤覆輪(ふくりん)を仕上げる

欄間の淵になる部分の内側を大きなノミで仕上げます。

⑥仕上げ

表と裏を彫刻刀で細部まで彫ります。

⑦枠入れ

建具屋さんに寸法どうりに枠をはめてもらいます。

⑧駄目直し

建具屋仕事後の覆輪からこぼれた部分などの仕上げをします。

⑨完成

かんなで枠の寸法を微調整しながら、欄間を梁に納めます。

 

Home > Tags > 欄間、

ブログカテゴリー

Return to page top