プロフィール

木村正和 略歴

オーダーメイドの井波彫刻の木彫り制作風景
  • 日展作家
  • 日本新工芸家連盟会員
  • 井波彫刻協同組合 理事 
  • 富山県工芸作家連盟 常任理事
  • 日本新工芸家連盟富山会事務局長
  • 井波美術協会会員

高校生の時に偶然観たTVで井波彫刻の技術を知り感嘆、卒業後井波彫刻伝統工芸士の
野村清宝に師事し、9年後独立して自らの工房を構える。井波彫刻の欄間の技術に特に
魅了され、技術を身に付けたが、住宅様式の変化に伴ない需要の減少から、現代の様式
に合う井波彫刻を模索するため、日展など展覧会で研鑽に励んでいます。また、写実的
な技術を活かし肖像彫刻も得意としています。

1975年茨城県土浦市生まれ
1993年井波彫刻士 野村清宝に師事
2001年第23回日本新工芸展 初入選 以後連続出品
2003年日展初入選
2004年日本新工芸展東京都知事賞「巣立ち」
2007年日本新工芸富山会展 北日本新聞社長賞「森の詩」
2008年日本新工芸家連盟会員に推挙される
2009年日本新工芸展審査員
2011年井波国際木彫刻キャンプにて「rebirth」を制作
2012年木村正和 木のぬくもり展(下妻市ギャラリー古径)
2013年木彫工芸 木村正和展(北日本新聞砺波支社ギャラリー)
2014年日本新工芸展審査員
2015年富山県展 工芸部門大賞受賞「天空の鳥」
2016年工芸の秀作 木村正和展(砺波市美術館)
2018年NPO法人アートセッションとなみ野会長
2019年上野の森美術館賞(日本新工芸展)「楽園」
 井波彫刻協同組合理事
 富山県美術展審査員
    タイトルとURLをコピーしました